キャッシング 審査落ちる 原因

キャッシング 審査落ちる理由

暴露!キャッシング審査で落ちる理由はコレ!キャッシング審査裏事情

投稿日:

キャッシング審査で落ちたんだけど、落ちた理由は何なの?

このサイトは、そんな疑問にズバリお答えするサイトです!キャッシングの審査について詳しく説明し、徹底分析しているサイトです!

キャッシング審査で落ちる理由を知りたい!という人の中には、これからキャッシングに申し込みたいけど審査が不安…という人や、キャッシングに申し込み、審査に通らなかったのなぜ?という人など理由は様々かと思います。

キャッシングの審査の基準は、あまり明らかにされていませんが、キャッシング審査の基準を知っておけば、キャッシングに申し込む際も気持ち的にゆとりが生まれるのではないでしょうか?また、キャッシング審査に残念ながら落ちてしまった場合も、理由としてどのような可能性があるのかがわかれば、対策を考えることができるかもしれませんね!

それでは、詳しく見ていきましょう!


キャッシング審査で落ちる理由とは?具体的事例を分析!

キャッシング 審査

キャッシング審査で落ちる理由とは、具体的にどのようなものがあるのでしょうか?いくつかの項目ごとに詳しく説明していきます。

キャッシング審査で落ちる理由1:信用情報関連の理由

キャッシング審査でキャッシングの会社が、まず行うのは信用情報の照会です。

これは、申し込みをした人の金融関連のデータを照会し、お金を貸しても問題がない人かどうか調査するというものです。この情報に問題があればキャッシング審査に落ちる可能性がとても高くなります。

では、問題とはどのようなものがあるのでしょうか、その理由ごとに見ていきましょう。

金融事故を起こしている

まずはじめに金融事故についてです。

金融事故とは

金融事故とは、過去にローンやクレジットカードの借入に対して、返済していなかったり、返済が遅れたり、借入金を整理するための法的な手続きを行っていた場合などのことを指します。

これを金融用語では、長期延滞債務整理代位弁済強制解約、と言います。この用語の意味は以下の通りになります。

  • 長期延滞:2~3カ月以上にわたって、支払いが遅れている。
  • 債務整理:支払いができなくなり、借入金を減免するための法的手続きを行っている。
  • 代位弁済:支払いができなくなり、保証会社などが支払っている。
  • 強制解約:契約している金融機関から規約違反などの理由で強制的に解約をされている。

このような情報が、信用情報機関のデータに記録されていると金融事故扱いとなり、キャッシングの審査で落ちる理由となります。

他社借入件数・返済負担比率の基準とは?

金融情報の照会によって得られる情報をもとに調査される、他社借入件数と返済負担比率というものがあります。

それぞれ見ていきましょう。

他社借入件数とは

これは、申し込みを行ったキャッシングとは別に、どのくらいの件数のキャッシングをしているかという数字です。キャッシング審査では、やはり、他に何件ものキャッシングがあれば、返済可能かどうかという点で引っかかってくることになります。具体的には、各キャッシング会社によって多少違いはありますが、4~5件以上あれば審査に落ちる理由となることが多くなります。

返済負担比率とは

これは、キャッシングに申し込みをした人が、※借入金に対して、年間に返済する必要のある金額が、その人の年収に対してどのくらいの割合を占めているか、という数字になります。つまり、借金の返済に収入の何割を当てているかという数字ですね。この返済負担比率が、35~40%を超えているとキャッシング審査に落ちる理由となることが多くなります。
※この場合の借入金とは以下のものが含まれます。

  • 今回申込むキャッシングの金額
  • 各種ローン残高(カードローン含む)
  • クレジットカードのキャッシングおよび商品購入代金のリボ払い、分割払い残高
  • 携帯端末割賦払い残高
  • 奨学金残高

総量規制に抵触している

消費者金融のキャッシングにおいては、総量規制という規則があり、キャッシングに申し込みをした人の年収の三分の一以上の金額を貸付けてはいけないというルールになっています。ですから、信用情報の照会によって得られた現在の借入金の総額が年収の三分の一を超えていた場合は、キャッシング審査に落ちる理由となります。

貸金業法について【貸金業界の状況】 | 日本貸金業協会

キャッシング審査で落ちる理由2:収入や職種・勤務状況関連の理由

キャッシング審査で落ちる理由のうち、収入の種類や職種についての基準というものがあります。また、勤続年数などの勤務状況、専業主婦や年金受給者の場合などについての基準というものもあります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

安定した収入がない、安定した収入とは?

キャッシングの審査において必須となるのが、安定した収入です。では、キャッシング審査での安定した収入とはどのような収入のことを指すのでしょうか?

それは、基本的に毎月1回以上の収入があるという状態です。

その収入の内容ですが、給料や事業を行っての収入は認められますが、投資による収入、内職などは安定した収入として認められない場合があります。ただ、安定した収入の基準もキャッシング会社によって様々ですので、一度相談してみることが大切です。

収入の内容を説明することによって認められたり、収入の証明を出すことで認められる場合などもありますのでとりあえずは相談してみましょう!

自分の収入でもキャッシングできるのか相談してみる >>

専業主婦、年金受給者の場合や職種による基準

専業主婦や年金受給者の場合はどうでしょうか?また、職種によってキャッシング審査に落ちる理由となることがあるのでしょうか?

まず専業主婦ですが、消費者金融系のキャッシングではキャッシングはできません。

参考ここでお話ししている「専業主婦」とは収入が無い主婦のことを指しています。

これは、先ほどの説明にもありましたが、総量規制という規則があり、本人の収入がゼロの場合、年収の三分の一もゼロになるため貸付ができないのです。ただ、銀行系のキャッシングの場合、配偶者の収入を基準にキャッシングができる場合がありますのでそちらを利用するのもひとつの方法です。

次に年金受給者ですが、キャッシング会社によっては、キャッシングが可能ですが、年金以外にもアルバイトなどで収入が必要になります。また、年齢制限があり、キャッシング各社多少の違いはありますが、制限年齢は高いところでも70歳までとなっています。

最後に、職種による審査基準についてです。

まず、必ずキャッシング審査に落ちる職種は、反社会的組織に属しているということです。反社会的組織とは、いわゆる暴力団や詐欺グループなどのことを指します。

また、キャッシング会社によって違うのですが、水商売や風俗業、芸能関係の仕事の場合も、キャッシング審査に落ちる理由になる場合があります。

このように、専業主婦や年金受給者ということや、場合によっては特定の職種が、キャッシング審査に落ちる理由のひとつになる場合があります。

勤続年数、在籍確認など勤務状況に関する基準

勤続年数が短い、在籍確認がとれないといった理由でキャッシング審査に落ちるということがあります。

勤続年数が短いという場合でも、学校を卒業したばかりというのであれば問題ないのですが、職をいくつも転々として、いつも短い期間で退職しているという場合は、審査に落ちる理由となる場合があります。やはり、仕事が続かないという印象を与えてしまい、返済もきちんとされないのでは?という判断につながります。

在籍確認がとれないという場合では、すでに退職している、長期間休んでいるなどの場合は、キャッシング審査に落ちる理由となってしまいます。しかし同じ在籍確認がとれない場合でも、大きな会社などで会社の代表電話番号での在籍確認の場合、アルバイトの名前まで把握していなということがあります。

このような場合、何か他の証明するもの、給料明細や源泉徴収票、社員証などで在籍確認を代用して審査に通過する可能性もあります。

このように勤続年数が短い、在籍確認がとれないという場合でも、キャッシング会社によって基準が違いますし、一律でダメというものではありませんので、こちらもとりあえず申し込み、相談ということが大切になりますね!

自分の場合でもキャッシングできるのか相談してみる >>

キャッシング審査で落ちる理由3:虚偽の申告

キャッシング審査において絶対にしてはいけないのは虚偽の申告です。

住所、電話番号、勤務先、年収、他社借入金額、など嘘を申告しても、信用情報の照会などでバレてしまう可能性が高いのです。

一度虚偽申告がバレてしまうと、その後の信用も無くしてしまうこともありますので、虚偽申告は絶対にやめましょう!ましてや、他人になりすまして申し込みをしたり、本人確認書類を偽造するなどしての申し込みは、犯罪行為です!
キャッシング審査に落ちるなどということでは収まらなくなりますよね!

キャッシング審査で落ちる理由!連続申し込みとは?

キャッシング審査で落ちる理由としての、連続申し込みしている場合も考えられます。連続申し込みとはどういうことを言うのでしょうか?

詳しく見ていきましょう!

申し込みブラックと言われるもう一つのブラックリスト

キャッシング 申込ブラック

連続して次々とキャッシングに申し込むと、申し込みブラックという状態になってしまうことがあります。

これは、何社ものキャッシングに申し込むということは、それだけお金に困っているのでは?という判断になってしまうからです。また、借りれるだけ借りて、そのまま返済しないつもりでは?とも取られかねません。

そうなると要注意人物というレッテルを貼られてしまい、ブラックリスト入りしてしまうことにもつながってしまいます。

ですから、キャッシングの申し込みは、しっかりとキャッシング会社を選んで、落ち着いて申し込むようにしましょう!

申し込んだ事実が信用情報に反映されるまでの時間

では、なぜ申し込みを連続して行っていることがわかるのでしょうか?それは、信用情報に情報が反映されるまでの時間がとても早いからなのです。

キャッシング各社に申し込みが行われ、様々な情報が入力されると、ほぼリアルタイムで信用情報機関のデータベースに登録されていきます。ですから、立て続けに申し込みをしても、その都度データが反映されていくので、連続申し込みがわかってしまうということになるのです。

申し込みブラックの基準とは?

申し込みブラックとなってしまう基準とは、具体的に何件の申し込みからなのでしょうか?

明確な基準があるわけではなく、キャッシング各社それぞれ多少の違いはあるものの、おおむね2件までは大丈夫とされています。3件以上連続申し込みとなると、かなり警戒されることとなるようです。

ですから、申し込みは必ず1件づつ行って、一気に2件以上は申し込まないようにしましょう!

申し込んだ事実が信用情報に残る期間とは?

申し込みの事実が、信用情報に記録されてからどのくらいの期間それが残るのでしょうか?気になるところですね。

それは、システム上6カ月は残るようになっています。

ですから、2件キャッシングの審査に落ちるということになれば、6カ月間は申し込みをしないようにしなければいけません。

実際、キャッシング会社の中には、公式サイトで、一度申し込みをされた方は半年後以降に申し込みを行ってください、と記載されているところもあります。一つの目安としてにはなりますが、6カ月というのは基準になるということになりますね!

キャッシング審査で落ちる理由!審査落ちした場合の対処法

キャッシング審査で落ちるということになった場合は、対処法を考えていかなくてはいけません。1件のキャッシングの審査で落ちるいうことは、なにか理由があるからなのです。

その理由を考えて対策をせず、やみくもに申し込みをしても、審査に通らないどころか申し込みブラックにもなりかねませんね。しっかりと考えていきましょう!

銀行のキャッシングの審査に落ちた場合は消費者金融に申し込む

キャッシング 銀行

仮に銀行系のキャッシングに申し込みをして、審査に落ちるということになった場合はどうすればいいでしょうか?

銀行系のキャッシングは比較的審査が厳しい傾向にあります。一方で消費者金融系のキャッシングは、銀行に比べると審査の基準が低い傾向があります。

ですので、銀行系のキャッシングに申し込みをして、審査に落ちるということになった場合は、消費者金融系のキャッシングに申し込みをするのもひとつの方法です。ただ、銀行系に審査落ちをして直ちに申し込むのではなく、一旦はなぜ落ちたのか冷静になって考えてみましょう。

それではキャッシング審査に落ちる理由の中で、対処可能なものとはどのようなものがあるのでしょうか?

キャッシング審査に落ちた理由を考え対処する

キャッシングの申し込みをして審査に落ちる理由の中には、簡単には変えることのできない理由があります。

それは、職業であったり年収であったりというところで、キャッシング審査に落ちたからといって、転職をしてもすぐに年収が上がるかと言えばそうではありませんよね。

一方で、キャッシングに関する自分の借入件数や契約件数などはどうでしょうか?この辺りを見直してみるというのは、有効な場合があります。

詳しく見ていきましょう!

完済はしているが契約が残っているカードがないか?

過去にキャッシングをしていたカードローンの契約が残っていないでしょうか?

今までに完済をしているカードローンで、その後使用していないカードローンがある場合は、キャッシングが可能という状態になったままになっていることがあります。

このような場合、実際にキャッシングをしていなくても、利用可能な枠があるということは、新たに借入金額が増える可能性があるということで、新しく申し込みをしたキャッシングの審査に落ちる理由となることがあります。

一度、過去に利用していたカードローンを整理してみて、契約が残ったままになっているものがないか確認するようにしましょう!

使用していないクレジットカードがないか?

使用していないクレジットカードはないでしょうか?

クレジットカードも過去に契約をして、そのまま忘れてしまっているということがあったりします。

例えば、家電量販店などで入会した会員カードにクレジットカード機能が付いていて、そのお店を長期間利用していない場合などは、そのカードの存在を忘れがちですよね?その他にも、契約すればキャッシュバックキャンペーンなどというような特典が目的でクレジットカードを作成したが、その後利用していないなどなど。

このようなクレジットカードでもキャッシングの枠があれば、先ほどのカードローンの完済分と同じように、審査に落ちる理由になってしまうことがあります。

利用しない・利用していないクレジットカードは年会費などもかかっている場合もありますので、こちらも一度整理して利用しないものは解約するようにしましょう!

借入総額が少なくても借入件数が多くなっていないか?返済計画見直しをする!

キャッシング審査に落ちる理由として、キャッシングの件数が多くなっていることも理由になる場合があります。

これも、先にお話しした利用していないカードローンの場合と同じなのですが、利用している件数が多ければ、それぞれに利用可能枠がありますので、新規のキャッシング審査には落ちる理由になってしまうことがあります。

また、利用可能枠いっぱいまで借入をしている場合でも、件数が多いという状態より、1件にまとめるということにより印象はだいぶよくなります。これは他のキャッシング会社から見ても、まとめて貸付をした1社が、その人にそれなりの信用があると判断をしたということになるからです。

ただ、1社にまとめて、すぐに他社からキャッシングをすることは難しいので、まとめたカードローンをしばらく返済して、それでも必要な場合に申し込むようにしましょう!

消費者金融キャッシング2件で審査落ちした場合、キャッシングは難しい

消費者金融は最後の砦、という表現が正しいかどうかはわかりませんが、消費者金融のキャッシングに2件続けて審査に落ちた場合は危険信号です!

キャッシング審査の中で、比較的審査基準が低いとされる消費者金融に2社連続で審査落ちするということですから、キャッシングは難しいと言わざるを得ません。そして、その判断は金融情報データとして共有されてしまうので、他のキャッシングに申し込みをしても同じ判断をされてしまうでしょう。

キャッシング審査に落ちる理由、借りても返せないという判断の意味を考える

消費者金融のキャッシング審査に2件続けて落ちるという場合は、この人は借入をしても返済することが難しいという判断をされたということなのです。ですから、そのような場合は、冷静になって改めてその審査結果を考えて、どのような状況がそのような判断につながったのかをきちんと考えるようにしましょう。そうすることで、今は借入ができなくても、近い将来キャッシングができるだけの信頼を得ることも可能です。

審査に通らなかったからといって、やけになるのではなく、自分の状況を見つめ直すいい機会だと思って前向きに取り組んでください!

キャッシング審査で落ちる理由を徹底分析!まとめ

キャッシングの審査に落ちる理由ということで色々とお話をしてきましたが、いかがだったでしょうか?

キャッシング審査に落ちる具体的な理由についても色々とお話をさせていただきましたが、大切なのはその理由について、自分の状況に合わせてよく考えることだと思います。

キャッシングというのは、信用を無くしてしまったら、なかなか難しいものになってしまいます。一度信用を無くしてしまったら、再び信用を得るということはとても難しいこととなります。

だからこそ、このサイトで紹介した、キャッシング審査に落ちる理由というものを、逆にキャッシングができるための信用をつくるというところにつなげて下さい!

上手にキャッシングができるということは、とても便利ですし社会的信用を得るということにもなります!ですからもし、キャッシング審査に落ちてしまっても、長い目でその状況を見直すようにしてくださいね!

 

\即日融資も可能/ ユーザーおすすめランキング

プロミス

カードレス+時間のない

◎プロミスの基本情報

■実質年率4.5%~17.8%
■限度額500万円
■審査時間最短30分
■運営会社SMBCグループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

WEB完結なら、全ての申込みがWEBで完結します。しかし、何かわからないことがあれば、電話でオペレーターが丁寧に対応してくれます。女性のオペレーターが対応してくれるプロミスレディースは、男性でも利用できる人気のサービスです。女性オペレーターのプロミスレディースをご希望の方はこちらです。プロミスレディースの詳細はこちら>>※男性の方もご利用いただけます。

\今すぐ借りたいならプロミス!30日間金利0円!/

アコム

◎アコムの基本情報

■実質年率3.0%~18.0%
■限度額800万円
■審査時間最短30分
■運営会社三菱UFJファイナンシャルグループ
アコム株式会社

\最短1時間で融資可能!30日間の金利0円!/

モビット

300x250 オリコンバナー

◎モビットの基本情報

■実質年率3.0%~18.0%
■限度額800万円
■審査時間10秒簡易審査
■運営会社三井住友銀行グループ
株式会社SMBCモビット

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

-キャッシング 審査落ちる理由

Copyright© キャッシングを即日可能にするために必ず抑えておきたいポイント4選 , 2019 All Rights Reserved.